S-Collection株式会社 メディアについて

S-Collection株式会社のWEBメディアを中心としたメディア事業

2020年に実用化!?空飛ぶ「ホバーバイク」の魅力にせまる!

ホバーバイクの試験機が正式に発表される!

2019年3月25日、ドローン(小型無人機)などを開発している株式会社A.L.I.テクノロジーズが、バイク型の浮く乗り物「ホバーバイク」の試験機を発表しました。

全長約2mの機体に運転手1人が乗り、10cmほど浮いた状態で10m程度を往復しました。
このバイクは2020年にも販売を開始する計画で、実用化にむけた開発を進めています。

今回は、この「ホバーバイク」が誕生した経緯と、今後の実用化について紹介します。

1.ホバーバイクの誕生秘話!当初は空飛ぶクルマを考えていた?

ホバーバイクを開発した株式会社A.L.I.テクノロジーズは、2016年に設立しています。
同社はエアモビリティ社会の実現を目指しており、ドローン点検などの事業を進めています。
エアモビリティ社会へ向けてさまざまな企業が動いており、そのエアモビリティについては次回の記事にて取り上げます。

当初は空飛ぶクルマの開発をしようとしましたが、重量もあり、高く飛ぶ必要のあるクルマをつくるには時間がかかります。
そのため、まずは軽量で地上から低いところでも飛べるバイクを浸透させようと、2017年からホバーバイクの開発を開始しました。

2.悪路走行そして救命活動にも期待大!

ホバーバイクは、砂漠や水上などといった悪路の上を移動できるため、中東や東南アジアの新興国での需要が見込まれています。

また、日本国内では土砂災害や水害時における活用が想定されてています。
土砂災害や水害時、通常車両では通行しにくい悪路でも、ホバーバイクなら通常走行時と変わらず走行できる可能性が高いため、活用が見込まれていますす。

見た目が格好いいだけでなく、実用性にも長けたホバーバイクが浸透すれば、人々が生活しやすくなるだけでなく、時には命が救えることも考えられます。


3.ホバーバイクの未来!公道走行の実現に向けてナンバープレート取得へ

株式会社A.L.I.テクノロジーズは、約100台のホバーバイク「スピーダー」の限定モデル予約販売を今年10月にはじめ、2020年後半にも引き渡せるようにする計画とのことです。
価格は8万ドル(880万円)~12万ドル(1,320万円)を想定しています。

また、現状は、地上から数10cmの飛行する程度の性能ですが、将来的にはより高い高度を飛ぶことを目指しています。
しかし、そのためには航空法を含む多くの法律や規制の整備が必要となってきます。

その他にも、ホバーバイクが、公道を走れるようになることを目指して、道路運送車両法などのルールに適応するための取り組みが行われています。

株式会社A.L.I.テクノロジーズの小松会長も、自動車のナンバープレートをつけられるよう、国土交通省と話し合いを進めているようです。

S-Collection株式会社は、今後もより便利な社会になるように貢献している企業様へ注目していきます。

新発見!カーシェアリングの意外な利用方法

カーシェアリングは運転する車を借りるだけではない!


f:id:scollection-media:20190908140819p:plain

カーシェアリングといえば、会員であれば好きなときに自動車を借りることができるサービスです。
そんなカーシェアリングですが、最近は運転以外の意外な目的でも利用されています。

今回は、そんなカーシェアリングの仕組みと意外な利用方法について紹介します。


1.カーシェアリングの仕組みはどうなっているの?

カーシェアリングは、買い物などのちょっとした短い時間からでも車を借りられるサービスです。
利用者にとっては、短時間であればレンタカーより安く車を利用できるというメリットがあります。

カーシェアリングを利用する場合、利用者はあらかじめ、サービスを提供している会社へ会員登録をした上で、利用の際にはPCやスマートフォンから利用する車の予約を行います。

そして、予約した時間に車が駐車してあるステーションに向かい、会員カードやスマートフォンなどで解錠し、乗車します。 使用後は、元のステーションへ駐車し、施錠すれば利用完了となります。

ちなみに、「タイムズ24」であれば、初期費用1,550円と月会費1,030円、利用15分ごとに206円(金額は全て税込み)で利用できます。


2.意外な利用方法!?


f:id:scollection-media:20190908140738p:plain

カーシェアリングは車を借りて運転するものと思っている方が多いと思います。
しかし実は、カーシェアリングを利用している8人に1人は、「車を借りても運転をしない」という状況が生まれています。

車を運転しないという方は、以下のような目的で利用しています。

・仮眠
一人カラオケ
・読書
・友人や仕事上の電話
・コインロッカー代わり

これらの目的で利用する人は、レンタルルームより安価な料金(先述の「タイムズ24」の場合、15分あたり206円)でプライベートな空間を利用できるという点に着眼し、カーシェアリングを利用しています。大抵の車には冷暖房が完備され、ある程度の防音機能もあるため、場合によってはレンタルルーム以上に快適で手軽に利用できる空間となりますなります。

また、コインロッカーとして利用する人は、ライブなどの大人数のイベントに行った際、近くのコインロッカーに空きがないときに利用する場合が多いようです。

このように、車が運転をして目的地に行く交通手段から、ひとつの空間として利用される機会が多くなってきています。

S-Collection株式会社も、新たな価値の創出はもちろん、新しい発見をとおしてお客さまと一緒にサービスをつくりあげていきます。

丸亀製麺が魅せる!30分飲み放題の価値

なぜ丸亀製麺は30分飲み放題を展開したの?

 

f:id:scollection-media:20190822105933p:plain

 

丸亀製麺といえば、打ちたて、茹でたてを手軽に食べることができる、トリドールホールディングス(HD)がチェーン展開している讃岐うどん専門店です。
「かけうどん(並)」が1杯290円と手頃な値段のため、顧客からは昼食時を中心に立ち寄られます。

今回は、そんな丸亀製麺がなぜ30分飲み放題を打ち出したかについて紹介します。


1.そもそも30分飲み放題ってどんなもの?

 

f:id:scollection-media:20190822105923p:plain

 

30分飲み放題は、浜松町のハマサイト店をはじめ、特定の店舗において午後5時以降限定で提供しているサービスです。
人気が高いメニューはAセット(1,000円)で、うどんセットか親子とじセットを選べることができます。
また、BセットやCセットもAセットからトッピングが変わり、利用者を楽しませてくれます。


2.なぜ30分飲み放題をしたの?

 

f:id:scollection-media:20190822105928p:plain

 

丸亀製麺では昼の利用者が多いことに対し、夜はどうしても空席が目立っていたため、この課題の改善を目的として30分飲み放題のサービスがはじまりました。

ちなみに、一般的に飲み放題といえば、2時間が定番です。
しかし、働き方改革がすすむなか、残業時間削減の流れもすすみ、「飲みニケーション」は若いビジネスパーソンから敬遠されてきています。
そこにトリドールホールディングス(HD)が目をつけました。
30分であれば、気軽に寄れ、さくっと飲んで帰ることもできます。
また、値段も1,000円程度とリーズナブルな設定になっているため、友人や同僚、後輩などを誘いやすいというメリットもあります。


3.30分飲み放題をやっている店舗

30分飲み放題は都内を中心として下記の店舗でサービスが展開されています。

品川店
霞が関コモンゲート店
新宿三井ビル店
日比谷帝劇ビル店
東京オペラシティ
アイガーデンテラス店
新宿文化クイントビル店
渋谷メトロプラザ店
六本木ティーキューブ店
中野セントラルパーク
ハマサイト店
信濃橋店
ThinkPark店
大崎センタービル店


4.30分飲み放題をした結果は?

2016年06月から30分飲み放題を実施した結果、夜間の平均客数は1日100~150人程度だったところから、来客数が100人程度増えた店舗も出てきました。

このように、丸亀製麺をはじめとするファストフード店では、現代の消費者ニーズをつかむために、さまざまなサービスを展開しています。
仕事帰りや後輩との飲みニケーション、友達とのちょっとした飲みに利用してみると、これまでとは違った楽しい雰囲気を味わえるのではないでしょうか。

S-Collection株式会社では、これからも世の中へまだ十分に知られていない情報にも目を向けて発信していきます。

いまさら聞けない!ふるさと納税の基礎知識

ふるさと納税の知識を深めて、あなたも納税してみよう!

ニュースなどでも話題になっている「ふるさと納税」ですが、どのような仕組みをしているか、具体的にどのようなメリットがあるかなど意外と詳しくは知らない方もいるのではないでしょうか。

今回は、ふるさと納税のことをよく知らないという方はもちろんのこと、すでに納税したことのある方もおさらいとして、ふるさと納税について知識を深めていきましょう。

f:id:scollection-media:20190808164253p:plain

1.ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税は、自分が応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みのことです。寄付をすることで、寄付先の自治体の発展に貢献できるだけでなく、お礼として、その地域の特産品がもらえ、さらに税金も控除される仕組みになっています。

自己負担額は2,000円かかるため、50,000円を寄付する場合、48,000円の税金負担が軽減され、特産品がもらうことができます。

2.ふるさと納税のメリットとデメリット

税金が抑えられる上に、多くの特産品をもらえるという画期的な仕組みのふるさと納税ですが、ここではあえてメリットだけでなくデメリットも挙げてみました。

<メリット>
・住んでいるところや地元に関係なく寄付できる
・寄付の用途を指定できる
・特産品をもらうことができる
・複数の自治体に寄付できる

<デメリット>
・控除される金額に上限がある
・手間がかかる
・控除は翌年になる
・自己負担額が2,000円かかる

ふるさと納税の最大のメリットを一言でいうと、2,000円で特産品をもらえるということです。

 

また、デメリットにある「手間」ですが、現在はワンストップ特例制度ができたことで、以前よりも控除の申請のための手間は少なくなりました。

3.控除金額の上限について

ふるさと納税による控除金額は、寄付者の年収や家族構成、住んでいる地域によって異なります。
目安としては、独身の年収450万円の人は50,000円程度まで寄付することができますし、共働きで子供1人、年収750万円だと100,000円程度まで寄付することができます。

これは、あくまで目安ですので、より詳しく知りたい方は、「さとふる」や「ふるさとチョイス」などのサイトのふるさと納税控除上限額のシミュレーションなどを参考にすることがオススメです。

4.申し込み方法について

申し込みは各自治体のホームページや「さとふる」や「ふるさとチョイス」などのサイトから申し込みが可能になります。

寄付に関しては、最近では振込ではなく、クレジットカード払いもできる自治体が多くなってきていることもあり、より簡単にふるさと納税をつかうことできます。

このように、ふるさと納税はだれもが申し込みしやすく身近な存在になっています。そして、特産品のなかには、お肉や魚をはじめ飲料などさまざまなものがあります。
一度、ホームページをのぞいてみるとほしい特産品がみつかるかもしれませんね。

LINE以外も知っていますか?世界で利用されているメッセージアプリ①

LINEは日本と数か国のみ!世界で圧倒的に利用されているメッセージアプリとは

日本では、スマートフォンでのコミュニケーションツールとして、LINEアプリが圧倒的なシェアを占めています。
LINEがスマートフォンユーザーの生活に欠かせないインフラと化している一方で、日本以外の国ではLINEの利用率は低く、ほかのメッセージアプリが圧倒的に多く利用されています。

今回は、世界で利用されているメッセージアプリにどのようなものがあり、どれくらい普及しているのかについて紹介します。


1.世界では、WhatsAppとFacebook Messengerが強い!

SimilarWebが2018年2月に行った調査によると、世界でもっともダウンロードされているメッセージアプリは「WhatsApp」で、2番目が「Facebook Messenger」となっています。
調査対象となった188か国のうち、WhatsAppは104か国で、Facebook Messengerは64か国で一番人気のメッセージアプリとなりました。

どちらもFacebook傘下のサービスですが、それぞれ月間アクティブユーザーが10億人を超えており、この2大アプリが世界のマーケットを牽引していることがわかります。
セキュリティ性が高いことや、機能がシンプルでわかりやすいことなどが、多くの国のユーザーに共通して支持されています。


2.LINEやWechatはグローバル化に課題

LINEは日本、タイ、台湾のアジア3か国で一番人気のアプリとなりましたが、前述の「WhatsApp」や「Facebook Messenger」と比較すると、世界でのシェアは格段に低くなっています。

中国でもっとも利用されているメッセージアプリ「WeChat」も、海外展開においては苦戦をしています。
月間アクティブユーザー数が10億人を超えていますが、その8割以上が中国人ユーザーとなっています。

「Wechat」は、モバイル決済システムなどと連動して中国人の生活インフラの一部となっていますが、国際版Wechatアプリにはこの機能がないため、中国国内での使いやすさに限定されているのが現状です。

今後、「WhatsApp」と「Facebook Messenger」の2大アプリを越えるようなメッセージアプリが登場するのかが注目されています。

S-Collection株式会社では、企業様とお客さまをつなぐ存在として、今後もメディアやマーケティングに関する最新情報を提供してまいります。

急成長!?なぜ広がるQRコード決済の謎!

PayPayやLINE Payにはどんなシステムがつかわれているの?

PayPayの100億円還元キャンペーンや、LINE Payの20%還元キャンペーンという広告を見たという方も多いのではないでしょうか。

今、PayPayやLINE PayをはじめとするQRコード決済が徐々に普及してきています。

今回はQRコード決済はどういうものか、店舗側、利用者側にどんなメリットがあるかを紹介します。

f:id:scollection-media:20190716145859p:plain


1.QRコード決済とは?

QRコード決済を使うときには、スマートフォンなどの端末にPayPayなどのアプリをインストールし、クレジットカードと連携設定をします。
そして、特定の店舗の支払い時にそのアプリを開きQRコードを読み取ってもらうだけで決済されるシステムです。

2.QRコード決済のメリットは?

QRコード決済を導入する店舗側の大きなメリットとして、まず新しく専用の端末を購入、またはレンタルする必要がないということが挙げられます。
最近では、iPhoneなどの端末を利用している店舗も少なくありません。
QRコード決済は、カメラ付き端末があれば手軽に導入することができます。

また、利用者にとっても自分の持っている端末にアプリを入れ、クレジットカードと連携設定をするだけで簡単に使い始められるため、手ぶらで買い物をすることができるようになります。

3.QRコード決済のこれからの課題は?

このように店舗側にも利用者側にもさまざまなメリットがあるQRコード決済ですが、課題もあります。

課題としては、QRコード決済のスピードは利用者に依存してしまうことです。
現金やSuica決済など今までの慣れた決済方法とは異なり、QRコード決済の場合は利用者がアプリの提示に手間取ったり、端末の通信状態やシステム障害などのアクシデントにより何十秒もかかる可能性や支払いができないこともあるかもしれません。

また、QRコード決済が利用可能な加盟店が少ないことも課題のひとつです。
そのため買い物に出かけるときは、まだ現金やカードを持ち歩く必要があります。

4.まとめ

メリットもありますが、まだ課題も残るQRコード決済ですが、最近ではアプリ提供会社の増加やそうした会社のキャンペーンにともない、加盟店が増加しています。最近では、コンビニエンスストアやドラックストアでも利用できる店舗が増え、支払方法としてより一般的となってきました。

支払方法として一般的になるにつれて、利用者はますます操作に慣れていくだけでなく、通信インフラの整備も進んでいくことが予想されるため、上記で挙げた課題も近い将来には解決されるでしょう。

現金を持たずとももどこにでも出かけられる時代はすぐそこまで来ています。

人工知能は小説家の夢をみるか?

f:id:scollection-media:20190712105059p:plain

人間だけじゃない!AIがクリエイティブな業界に進出する時代へ!

昨今、人工知能(AI)がチェス、将棋の世界で人間に勝利したというニュースは記憶に新しいと思います。
また、AIが人間の職を奪うと予想されるなど、なにかと話題に上がることが多くなりました。
そんなAIが、ついにクリエイティブな業界にも進出を果たしました。
AIが小説を書き、さらにその作品が星新一というショートショートのSF作家の賞の一次選考を通過したといいます。

AIが書く小説はおもしろいのでしょうか。
小説の分野でも人間を圧倒していくのでしょうか。
今回はSF作家の視点を踏まえながら紹介します。

1. AIが小説を作成するまでの流れとは?

AIはどのように小説を書いているのでしょうか。

はじめて取り組まれたときは、すでに存在する文章の一部を変えて、新しい文章をつくるという方法でした。
しかし、この方法はコピペと大差がなく、味気ない文章になってしまうという問題がありました。
それを改善するために、文章の構造と合うような言葉を選択して小説を生成する方法へ変更しました。
具体的には、人間が物語の大筋を書き上げ、そのストーリーのあらすじに沿う言葉を用意します。
それを組み合わせることで自動小説生成が行われます。

プロットには、人狼ゲームをAIがプレイした結果のゲームログが使用されました。
それをもとに人間が小説の作成に必要な文章を追加し、AIがプロットに合わせて組み合わせることで小説が完成します。
上記の方法により、人間が書く小説に近い文章を作成することが可能となり、2016年の星新一賞の一次選考を通過するに至りました。

2. SF作家が語る、AI小説の欠点について

AI小説の一番の課題は、AIが必要とする試行回数を稼げないことです。

SF作家の藤井太洋氏は「AIは非常に優秀な統計マシーンでしかありません。囲碁や将棋など何度も試行が可能な分野では人間に勝ります。しかし、小説で有意な試行回数を稼ぐことはむずかしいでしょう」と話します。
その理由は、「小説のおもしろさが外部に現れるのは市場だからです」とのことです。

つまり、売れる文章、売れるキャッチコピーを事前にデータ化し、それらをAIに繰り返し試行させる必要があるということになります。
星新一賞の一次選考を通過したのも、星新一の小説データをAIに記憶させ、何度も試行させたことが理由として挙げられます。

AI小説には、まだまだ課題が山積みです。
しかし、課題があるということは、それらを改善することでよりよい作品がうまれることを意味します。
今後もさらなる発展が予想されるAI小説に注目です。