S-Collection株式会社 メディアについて

S-Collection株式会社のWEBメディアを中心としたメディア事業

著作権を正しく理解!音楽や動画の視聴時に留意すべきポイントとは!?

ユーザーの意識で変わる!違法ダウンロードをなくし、健全なインターネット利用を促進!

インターネットサービスが進化し、映像や音楽を手軽に視聴できる機会が増えています。その一方で、コンテンツが著作権に反して違法にアップロード、ダウンロードがされる問題も顕在化しています。
以前の記事「著作権を正しく理解!オウンドメディア制作の際に注意すべきことは!?」では、メディア制作側が意識すべき著作権のポイントを紹介しました。
今回は、インターネット上で動画や音楽を視聴するユーザーが留意すべき著作権上のポイントを紹介します。

1.違法ダウンロードの対象と現状とは!?

違法ダウンロードとは、違法アップロードされた映像や音声ファイルを、違法アップロードされたものであると知りながらダウンロードする行為を指します。平成24年10月に著作権法が改変され、違法ダウンロードが刑事罰の対象となりました。違法アップロードは、著作者の許可なく著作物をインターネット上に公開することですが、違法ダウンロードについてはもう少し対象がせまく、以下のように定義されています。

1:違法にアップロードされた音楽や映像の著作物を録音、録画する行為

     ※画像や、テキストの複製は対象外
     ※サイト上での視聴、再生のみは対象外

違法ダウンロードの刑事罰化は、主因である違法アップロードの撲滅が目的です。ただ、当事者が被害を申告した場合のみ罰せられる「親告罪」であることと、違法ダウンロードの証拠を押さえることが困難であることから、実際の逮捕例はまだ出ていません。しかし、インターネット上で音楽や動画配信サービスを利用する際には、なにが違法ダウンロードに該当するのかを正しく理解し、ルールを守って利用することが必要です。

2.違法なものを排除し、制作者と利用者の長期的な利益を確保する!

違法ダウンロードによるトラブルを避けるため、ユーザーとしては以下のことに留意が必要です。

1:音楽や映像は正規のサイトからダウンロード

エルマークの表示がついたサイトは、レコード会社や映像製作会社との契約で正式に配信されているため、安心してコンテンツをダウンロードできます。またエルマークの表示がない正規サイトもありますが、こうした正規サイトの利用を習慣化することが大切です。

2:違法アップロードされたものを避ける

Youtubeニコニコ動画のような動画サイトには、テレビ番組、アニメ、映画などが違法アップロードされたものが少なからず存在します。なかには、著作者から許諾を取っているケースもありますが、視聴者が合法か違法かを正確に判断することはむずかしいです。
そのため、動画サイトから動画や音声ファイルのダウンロードはしないことが安全です。

このように、違法ダウンロードで処罰されないよう注意することはもちろんですが、違法アップロードされたものは利用しない姿勢をユーザーが当然とすることで、違法アップロードの減少につながります。違法アップロードが撲滅されれば、コンテンツ制作者の正当な利益が守られ、次の制作活動の資金につながり、よりよいものが生み出される好循環が保たれるはずです。
著作権を正しく理解し行動することは、長期的にみて、制作者と利用者双方にメリットをもたらします。

S-Collection株式会社でも、お客さまにとって価値のある情報やサービスをつねに提供しつづけるよう努力をしてまいります。

著作権を正しく理解!オウンドメディア制作の際に注意すべきことは!?

知らずにやっているかも!?オウンドメディア制作に関わる著作権のポイント!

オウンドメディアを運営する際に、信頼性の高いコンテンツ作成は重要なテーマとなっています。著作権法上の問題が主な要因で、2016年に大手キュレーションサイトが閉鎖に至る事例が生じてから、Web上でのコンテンツ作成にかかる著作権について、より注意を払う運営に変えた人が多くなりました。
今回は、オウンドメディア制作時に留意すべき著作権上のポイントとその理由について紹介します。

1.必見!オウンドメディア制作者が知っておくべき著作権とは

著作権とは、著作物を作成した著作者に、与えられる権利の総称です。著作権法での著作物は、言語、音楽、映像、写真、舞踏、建築、プログラムなど「思想又は感情を創作的に表現した」ものと定義されています。
つまり、誰かの意思で創作された大半のものは著作物として作成者を守る権利が認められており、無断で複製したり転載したりすると著作権法違反となります。
以上のような著作権を守ってコンテンツを作成することは、ユーザーから信頼され、より支持されるメディアを目指すうえで非常に重要です。
著作権の侵害が発覚した場合、民事上の請求や刑事罰の対象となります。Googleガイドライン違反に該当しペナルティの対象となった場合は、検索結果から削除されるなどSEO対策にも影響が出てきます。また、SNS上で「模倣」であるような悪評につながり、レピュテーションリスクとなる場合もあります。
オウンドメディアを制作・運営する際には、こうしたリスク管理で自らを守るとともに、正しい倫理観で情報発信することが重要です。常にユーザーを喜ばせたいという姿勢で、魅力的なオリジナルコンテンツをつくりつづけていくことが求められています。

2.著作権を守ることで、よりアクセスされるメディアになる!

多くのオウンドメディアは、文章や画像、動画がコンテンツの中心になるため、著作物の取り扱いに注意が必要です。ほかの情報源を参考にしたり、他者が作成した画像や動画を利用したりする際は以下のポイントを守ることが重要です。

①引用に関するルールを守る
著作権法では、元コンテンツをそのまま自分のコンテンツの中心とする「転載」を禁止しています。一方で、自分のコンテンツを補足するための「引用」は以下のようなルールを守れば可能となります。
・引用箇所がわかるように明記する
・引用元のサイトポリシーや利用規約の内容に従う
・引用先のコンテンツを補完する目的で、引用すべき明確な理由がある場合に限る
・引用元の情報を明記し、リンクをはる
・画像の引用許可がある場合を除き、写真やイラストは引用しない
・元情報の改変や要約をしない

②リライトで終始しないよう注意する
引用を明記せずに内容を書き換える「リライト」に関しては、単語や言い回しを変えていても、構成や主旨が元ソースと同様と認められた場合は、著作権侵害となります。

③画像は権利処理されたものを使用する
画像を使用する際は、ストックフォトサービスなど、あらかじめ利用許諾されたものを使用することが必要です。
以上のように、著作権を守ることは義務であると同時に、オリジナルで魅力的なコンテンツを制作するうえで必要不可欠といえるのでなないでしょうか。

S-Collection株式会社では、これからも広く情報発信を行う立場として、正しい情報を正しい方法でお客さまに提供するよう努めてまいります。

今や身近な存在!進化しつづけるデジタルサイネージ

右肩上がり!デジタルサイネージ市場の可能性を大公開

デジタルサイネージとは、日本語で「電子看板」のことです。商業施設や小売店の店頭や交通機関などさまざまな場所で、ディスプレイやプロジェクターなどを用いて情報発信するメディアのことを指します。
身近なデジタルサイネージの活用例としては、電車のドア上部にある行き先や次の停車駅を表示するディスプレイ、ショッピングモールのフロアガイドなどがあげられます。普段から目にしているデジタルサイネージの変遷と今後の市場の可能性について紹介します。

1.技術革新とともに進化するデジタルサイネージ

デジタルサイネージが登場したのは1970年代後半、アメリカのアパレルショップが店頭でファッションショーの映像を流したことがはじまりといわれています。日本では1980年に新宿駅前のアルタに大型モニターが設置されたことで一気に有名になりました。当時は「デジタルサイネージ」という単語はまだなく「ビデオサイン」と呼ばれていました。そのあと、2007年のスマートフォンの発売により小型ディスプレイが爆発的に普及しました。これにより、飲食店や小売店の店内に設置し、よりユーザーに近い場所でデジタルサイネージを活用することが可能となりました。
現在では、海外を中心に最新技術との融合が進んでいて、ARやAIとの組み合わせや、センサーによって年齢や性別を識別し、表示する広告の内容を変えるといった活用例も生み出されています。

2.今後のデジタルサイネージ市場の可能性

日本でも着実にデジタルサイネージの市場は拡大していて、2018年の市場規模は2012年の9倍の7,920億円になると予測されています。
JR山手線の新車両すべてにデジタルサイネージが設置され、広告の視聴率は75%にのぼり、従来の紙媒体のポスターや中吊り広告に代わる広告媒体として、高い効果があることも認められています。
また、東京オリンピック開催が市場拡大をけん引していて、デジタルサイネージに以下のような役割が期待されています。

①緊急災害時の情報の一斉送信
スマートフォンとの連携による情報入手
③公共性の高い場所でのパブリックビューイング
④多言語対応ツール

海外から日本へ訪れる観光客向けに、日本企業の商品やサービスを視覚的にアピールする絶好の機会となります。

デジタルサイネージならではの特性を活かした広告やプロモーション、情報発信の戦略を考えていくことが重要となります。技術の進化や汎用化にむけた流れは今後もつづくことから、S-Collection株式会社では、さまざまなメディアを活用し、企業様にとって最適なプロモーションの実現をサポートします。

インフルエンサーは育てる時代!?多様化する企業との関係性!

インフルエンサーを活用するだけでは通用しない!?新たな活用をご紹介!

以前、「近年急増中!インフルエンサーに「広告」を任せる企業のメリット大公開 - S-Collection株式会社 メディアについて」では、企業がなぜインフルエンサーの活用に力を入れているのか紹介しました。今や数多くの企業がインフルエンサーマーケティングを実施しており、両者の関わり方も多様化しています。
今回は、企業からの注目を集めているインフルエンサーを活用したビジネスであるインフルエンサーマーケティングの活用方法と、そして今後流行るビジネスを紹介します。

1.実は選び放題のインフルエンサー!あなたの企業にあったインフルエンサーを!

インフルエンサーは芸能人や専門家だけではなく、SNSのフォロワーやファンを多く抱える一般人が起用されることも増えていて、企業のターゲット層に影響を与えるインフルエンサーを起用することが可能です。
インフルエンサーと企業をつなぐプラットホームのビジネスや、マッチングアプリもリリースされています。簡単に企業のビジネスモデルに合うインフルエンサーとつながることができます。

2. インフルエンサーを育てるビジネスとは!?

インフルエンサーと企業をつなぐ環境は徐々に整ってきていますが、ビジネスで活躍できるのは、すでに発信力があるインフルエンサーのみです。今注目を集めているのが、企業がインフルエンサーを育て、発信力が高まった時点でインフルエンサーマーケティングを活用したい企業とマッチングさせるビジネスモデルです。動画広告の制作や配信メディアをもつ企業が、SNSで影響を与えるコンテンツの内容を指導し、魅力的なインフルエンサーを育てます。
一例として、C Channel株式会社はクリッパーと呼ばれる動画インフルエンサー向けに自社コンテンツを提供したり、イチオシのクリッパーとして数多く紹介してサポートすることでファンができるように育成をしています。
今後、インフルエンサーを活用したマーケティングは進化を続け、企業のプロモーション活用には欠かせないものになっていくと予想されます。

S-Collection株式会社では、インフルエンサーマーケティングについて基礎から学べて即実践できるPR戦略セミナーを開催しました。詳しくは「インフルエンサーマーケティングとは!?基礎から学べるPR戦略セミナー - S-Collection株式会社 メディアについて」で紹介しています。参考にしていただければと思います。

インフルエンサーに企業が注目!その理由とは?~Instagram編~

Instagramの特性を活かしたPRは今後も加速する!

以前、「インフルエンサーに企業が注目!その理由とは?~Twitter編~ - S-Collection株式会社 メディアについて」 では、企業がTwitterインフルエンサーを活用したPRのメリットや実際の活用例について紹介しました。今回はInstagramで多くのフォロワーを抱えるインスタグラマーを活用した企業のインフルエンサーマーケティングの特徴やメリット、今後の市場傾向について紹介します。

1.Instagramの利点を最大活用!成功するインスタグラマーのインフルエンサーマーケティングとは!?

Instagramは、TwitterFacebookなど文字が中心のコンテンツよりもエンゲージメント率(投稿に対するフォロワーの反応)が高いとされています。トレンダーズ株式会社が実施した調査では、42%のユーザーがInstagramの投稿を見て実際に食べ物や飲み物を購入したという結果も出ています。そのため、Instagramを利用したインフルエンサマーケティングが効果的であると注目されています。そこで企業がインスタグラマーの活用で成功させるポイントを3つ紹介します。

①起用するインスタグラマーは、総合的に判断して依頼する

フォロワー数の多さだけでなく、インスタグラマーの投稿内容の特徴、表現している世界観、またはフォロワーの属性から、自社が表現したいものとマッチするかをよくみることが重要です。

②インスタグラマーの創造するクリエイティブに任せる

Instagramでの表現のプロであるインスタグラマーを信頼し、投稿内容や方法を任せるほうがフォロワーに受け入れられ、高いエンゲージメント率につながる可能性が高くなります。

③戦略的なPRを考える

複数のインフルエンサーに投稿を依頼する、ハッシュタグキャンペーンを打つ、ほかのメディアにも同時に出稿するといったように、多方面からのPR戦略を実施することも重要です。インスタグラマーのPR投稿内容を、ユーザーの体験談として、ランディングページとなる自社製品のホームページやECサイトの口コミ、感想のコーナーに掲載している事例もあります。

2.PR投稿をわかりやすく!機能の進化でインスタグラマーによるPRが急上昇!

Instagramの機能として「タイアップ投稿タグ」があり、インスタグラマーのアイコンの右隣にPR投稿であることが明示され、フォロワーがPR投稿を一目で認識できるようになりました。インスタグラマーの投稿やInstagramのコミュニティへの信頼性と透明性を担保する狙いがあります。また、広告主も投稿のリーチ(ユーザーの目にどれだけ触れたか)、「いいね!」の数、コメントなどの指標を見ることができるようになり、広告効果を数字として把握できるようになりました。効果的なPRが期待される「本物の」インフルエンサーに仕事が集まっていくことが予測されます。

市場規模は2019年までに20億ドルになると予想されています。ユーザー、インフルエンサー、広告主の企業が健全にwin-win-winの関係性を築くことができる環境が整いつつあるなかで、インスタグラマーのPR投稿による成功事例は今後も増えつづけていくでしょう。

S-Collection株式会社では、注目を集めるインフルエンサーマーケティングについて、企業様が基礎から学べて即実践できるPR戦略セミナーを開催しました。「インフルエンサーマーケティングとは!?基礎から学べるPR戦略セミナー - S-Collection株式会社 メディアについて」で紹介したとおり、メディアの第一線でご活躍される方々にお越しいただき、インフルエンサーマーケティングの基礎から活用のコツまで話していただける場となりました。

なぜ企業ブログが増えているのか!?戦略的に活用する方法

やることが目的ではない!顧客の開拓にこそ意味がある

以前、 「これで完璧!企業ブログを集客につなげるポイントとは!? - S-Collection株式会社 メディアについて」では、読者がファンになるようなブログを書くコツと読者のターゲット層を決めて書くことが大事だと紹介しました。今回はなぜ企業がブログを活用しているのか、そして記事作成の前に意識すると効果的なポイントを紹介します。

1.企業がブログを活用して、潜在顧客を引き出す!

WebサイトやSNSの発展により、10~50代の消費者は商品やサービスの購入前に企業のホームページやブログ、SNSなどを通じて情報を得ていると総務省の調査結果が出ています。ここに着目した企業は自社のブログを開設し、商品やサービスを幅広い人に知ってもらうために活用をはじめました。

現在、マーケティング手法として注目を集めているのはコンテンツマーケティングです。ブログの記事や著名人のコメント、商品レビューなどをチェックする読者にとって、メリットのある情報を展開することで、見込み顧客の開拓から購買活動、そして定期購入するほどのファンを育成する方法です。顧客の育成を行っている企業は、商談による新規開拓コストが33%削減でき、営業のアポイントメントが1.5倍に増えるとの調査結果があります。企業ブログはコンテンツマーケティングの手段のひとつとして活用し、潜在顧客のニーズを引き出すきっかけになると期待されています。

2.成功の鍵!フロー型とストック型を正しく理解!

メディアコンテンツにはフロー型とストック型があり、企業ブログはストック型が効果的です。企業はホームページやブログ、SNSなどのコンテンツをただ使うだけではなく、違いや特性を正しく理解し効果的に活用することをオススメします。フロー型とストック型について、具体的な例を紹介していきます。

①フロー型

FacebookTwitterInstagramなど情報が流れていくコンテンツです。その瞬間、伝えたい話題や情報をタイムリーに展開できるメリットがあります。

②ストック型

企業ブログやYouTubeなど情報を蓄積していくコンテンツです。過去の情報も検索にかかりやすくなり、自社が伝えたい情報が必要な人に届くメリットがあります。

ストック型の企業ブログは時間や労力をかけ、商品やサービスなどを紹介することで、継続的なアクセスが期待できます。フロー型のSNSと連携させ活用する方法もより効果的です。S-Collection株式会社のメディア事業部では、Webメディアを中心に、動画、Webサイト、SNS、チャンネルなどの制作から運営まで幅広く提供しています。企業様のお悩みや今後のプロモーション活動にお役立てください。

InstagramとFacebookの違いと使い分けを大公開!

InstagramFacebookの特徴を徹底理解!

販売促進や認知向上のために、SNSを導入している企業が増えています。背景には、SNSを利用しているユーザーの割合が20代では90%以上であり、企業にとって消費者とコミュニケーションをとるうえで欠かせないツールとなっています。今回はInstagramFacebookの違いと、違いを活かした企業のプロモーション例を紹介します。

1.InstagramFacebookの違いってなに!?

Instagramは10代から30代がプライベートでの利用が多く、Facebookは30代から40代のビジネスシーンでの利用が多いといわれています。また、Instagramはフォローしているユーザーの投稿のみ見れるので、つながりが深い人達とだけ関われるメリットがあります。このため、Instagramのエンゲージメント率(投稿に反応するユーザーの割合)はFacebookの約10倍ともいわれています。反対にFacebookではフォローしてるユーザー以外の投稿も見れるので、友達の友達とつながれるメリットがあります。SNSを活用して企業ブランディングを実施する際は、それぞれの特徴を把握し活かすことが大事になります。
また、Instagramの特徴は「熱狂! Instagramの勢いが止まらない!! - S-Collection株式会社 メディアについて」、Facebookの特徴は「影響力をアップさせるSNSの特徴と使い分け方を大公開! - S-Collection株式会社 メディアについて」で紹介していますので、ぜひご参照ください。

2.SNSの特徴を活かした企業のプロモーション成功例

今回はInstagramFacebookの強みを生かし、企業のプロモーションに成功した事例を紹介します。

1.Instagramの強みを活かした事例

ハーゲンダッツジャパン株式会社では、毎日1人にハーゲンダッツが当たるキャンペーンをInstagramTwitterで実施しました。「#ひと夏分のハーゲンダッツ」というハッシュタグをつけて投稿し、応募するものでしたが、同ハッシュタグではInstagramだけで約3,000件の投稿がありました。またInstagramの強みである写真掲載も功を奏しました。アイスクリームの蓋を開封したときに、ハート型になっている写真がユーザー内で拡散します。2018年3月時点では「#ハーゲンハート」というハッシュタグつきで、約9,000件以上の投稿がされました。Instagaramの特徴的な機能であるハッシュタグを活用したキャンペーンにより、多方向からユーザー同士をうまく巻き込むことができたプロモーションが生まれた事例となりました。

2.Facebookの特徴を活かした事例

ネスレネスプレッソ株式会社では、公式Facebook上でコーヒーメーカーが当たるというクイズ式のキャンペーンを実施しました。全問正解必須のクイズを出題したことにより、自社商品やサービス内容に関連する知識を消費者が知ることができる機会となりました。商品の良さを存分にアピールできるため、消費者の購買意欲を掻き立てることになります。また、Facebookの特徴を活かし、クイズに答えた友人の友人がタイムラインに表示され拡散したことから、ブランド認知度の向上にもつながりました。

近年、SNSの発展により企業のPR活動は大きく変化をしています。S-Collection株式会社では、最新の企業向けPR戦略セミナーを開催します。「インフルエンサーマーケティングとは!?基礎から学べるPR戦略セミナー - S-Collection株式会社 メディアについて」で紹介したとおり、企業様のブランドイメージ向上や情報発信をサポートし、価値ある情報を世の中へ広めるサービス展開をしていきます。