S-Collection株式会社 メディアについて

S-Collection株式会社のWEBメディアを中心としたメディア事業

人気YouTuberがもたらす影響力とは!?

チャンネル登録者数400万人強!企業とのタイアップも好調!

以前の紹介したインフルエンサーがテレビCMを超える時代に突入」では、企業がインフルエンサーマーケティングを起用した利点やトレンドについて紹介しました。YouTubeTwitterInstagramといったSNSで多くのフォロワーをかかえるインフルエンサーの影響力は、マーケティング戦略を考える企業にとって重要な存在となっています。

今回は、多くのチャンネル登録者がいる人気YouTuberと企業のタイアップにおける成功事例を紹介します。

 

1.芸能人に匹敵!?YouTuberの影響力!!

現在、日本で数多くのYouTuberが活躍し、フォロワー数(チャンネル登録者数)が100万人を超えるYouTuberも多くいます。

2018年4月現在の累計チャンネル登録者数が400万人を超える、ネットパフォーマーとしても人気のYouTuberは、2017年だけで企業とのタイアップの案件が7件もありました。そのなかでも、ソフトバンク株式会社とタイアップした動画は2,000万再生を超える再生回数を記録しました。
また、登録者数が600万人を超える人気YouTuberが日本コカ・コーラ株式会社とタイアップをした際、「Coke ON」というアプリを実演する動画を配信しました。その動画の再生回数は500万回を突破し、動画投稿初日から実際のアプリダウンロード数アップにも効果を発揮する結果になりました。

登録者数が多く、発信力の高い人気YouTuberとコラボすることで、企業は広告をより多くの方に認識してもらうことができます。

 

2.YouTuberはインフルエンサーマーケティングに最適!?

写真や文字だけよりも、数分間で多くの情報を伝えることができる動画は、マーケティングの有効なツールのひとつです。株式会社サイバーエージェントの公表によると、動画広告の市場規模は2017年の1,374億円から、5年後の2022年には2倍以上の規模に拡大するといわれています。
多くのファンをかかえるYouTuberは、インフルエンサーマーケティングを考える企業にとって、これからも有効な提携先のひとつになると考えられています。

YouTuberのマネジメント業務をしているUUUM株式会社の2017年11月の調査では、YouTuberとのタイアップ動画視聴により、該当商材に対する購買意欲が最大で46.2%、認知度が67.7%も上昇したという結果も出ています。
「Coke ON」の事例のように、操作や工程が少し複雑なアプリの利用方法やメリットを、YouTuberが動画内で実演することで、ユーザーもわかりやすく理解ができ、商材に興味や関心をもつきっかけとなります。

テレビCMのように一方的に発信される情報よりも、ユーザーが選んだYouTuberが実際に検証してくれる情報は、そのユーザーにとって受けとりやすく、次の行動につながりやすいというメリットがあります。
また、YouTuberはTwitterInstagramのアカウントも保有していることが多く、YouTubeでの動画投稿を足がかりに、ほかのSNSとの連携によってさらなる広告効果も期待できます。

 

YouTuberの特性や影響力をもつコミュニティについてよく理解をし、その商材にあったインフルエンサーと協力していくことは、今後のプロモーションが成功する鍵となっていきます。