S-Collection株式会社 メディアについて

S-Collection株式会社のWEBメディアを中心としたメディア事業

S-Collection株式会社が大切にしている「ネットとリアルの融合」と「テレビ」の違いとは!?

目まぐるしく変化する情報の取り方

インターネットの普及により、ネットとリアルはふたつの世界に分離されてきました。しかし、現在はネットのよさ、リアルのよさを活かした「ネットとリアルの融合」が話題になっています。S-Collection株式会社ではネットとリアルを融合させていくことを大切にしています。

今回は目まぐるしく変化する時代において、情報の取り方がどのように変化しているかを「ネットとリアルの融合」と「テレビ」にわけて紹介します。

1.「ネットとリアルの融合」とは!?

「ネットとリアルの融合」はオムニチャネルのことをいいます。オムニチャネルとは実際の店舗だけではなく、ネット上においても企業様、お客さまとの接点をもち利益を上げていくビジネス戦略です。

インターネットショッピングはネット上で商品やサービスをを選び、ワンクリックで購入することできます。一方、店舗は実物を見て商品を選び、購入することができます。このふたつの観点からアプローチすることで、相乗効果が生まれ利益を上げていくことが可能となります。

ネットとリアルを融合させることで、ネット上か実店舗かを問わず企業様、お客さまに同等の商品やサービスを提供することができます。また、ネット上と実店舗の会員IDを統一することで、購入履歴の閲覧や購入したことによるポイントを使用することが可能となります。

2.時代の変化!「ネットとリアルの融合」と「テレビ」の違いとは!?

「テレビ」からはさまざまな情報が流れてきます。しかし、テレビの情報は一方通行となるため、情報の取り方は受動的になってしまいます。

一方、「ネットとリアルの融合」の「ネット」では、自分で検索をして能動的に情報を取りにいくことができます。キーワードを入力することで、自分のほしい情報をより詳しく得ることができるという特徴があります。また、ネットは双方向の情報発信となるため、さまざまな意見を取り入れることが可能です。

あらゆる情報が溢れている今、情報の取り方が重要になります。S-Collection株式会社は、「ネットとリアルの融合」の取り組みをすることで、企業様やお客さまのニーズにあった情報を今後も提供しつづけます。