S-Collection株式会社 メディアについて

S-Collection株式会社のWEBメディアを中心としたメディア事業

YouTubeが変わる?これからの投稿の基準はこれだ!!②

YouTube収益化の条件はなぜ変わったの?真相にせまる!!

前回の「YouTubeが変わる?これからの投稿の基準はこれだ!!①」では、YouTubeで収入を得るまでの流れを紹介しました。今回は、2018年2月20日にあった収益化の条件の変化で、今後のYouTube業界がどのように変化していくかを紹介します。

 

1.収益化の条件が変更!条件がより厳しくなる?

2018年2月20日から、YouTubeで収入を得るための条件が変わりました。2018年2月20日以前は、動画の総視聴回数が1万回を達成し、広告による収入が8,000円を超えることで報酬を得ることができていました。
しかし、2018年2月20日以降は登録者数1,000人以上、過去1年で4,000時間の視聴時間が必要となりました。これは、単純計算で1分の動画が24万回フルで再生されるという計算になります。

 

2.条件が厳しくなった真相は?

YouTube上には、質の低いコピーされた動画や違法動画、暴力的な動画が投稿されています。簡単にはじめられて、稼げるという情報が出回ったため、YouTubeの動画として不適切な投稿が数多くありました。
そのため、誰でも簡単で気軽にはじめられて、稼げるというイメージの根本的な改善が必要となりました。

2017年12 月にYouTube, LCCの CEOであるSusan Diane Wojcicki 氏は、世界中のアイディアとオリジナリティーあるクリエイターが、悪意あるユーザーによって被害を受けることを防ぐため、YouTube パートナープログラムの内容を変更することを発表しました。
これは、企業のイメージを守り、これからも多くのクリエイターが活躍できるようにするための変更です。

 

3.今後のYouTube業界はどうなっていくの?

「誰でも簡単で気軽にはじめられて、稼げるYouTube」といったイメージや、コンテンツとしての価値がないもの、悪意あるユーザーの投稿は徐々に少なくなっていくでしょう。

今後のYouTube業界では、誰になにを伝えたいのか、自分が投稿する動画の先にどんな人がいるかを考え、価値ある動画をつくることが必要になります。
これは、クリエイターにとって本領を発揮しやすい環境といえます。クオリティーの高い動画であることはもちろん、視聴者に伝えたい感情や思いを動画にこめることが、これまで以上に大切になります。

 

動画の向こう側にいる視聴者の期待に応えるコンテンツを積み上げ、ファンを魅了するYouTubeチャンネルをつくっていきましょう。