S-Collection株式会社 メディアについて

S-Collection株式会社のWEBメディアを中心としたメディア事業

影響力をアップさせるSNSの特徴とつかい分け方を大公開!

どんな影響を与えるの?各SNSの特徴を解析!

スマートフォンの普及によりSNSは急速に拡大し、人々の生活に大きな影響を与えています。SNSは個人が情報発信できるツールとして、近年めざましく発展したサービスです。若者を中心とした幅広い世代において、SNSをチェックしない日はないといっても過言ではありません。

今回は、SNSがどのような点でわれわれの生活に影響をあたえているかを紹介します。

 

どのSNSが効果的?SNS別ユーザー年齢層!

SNSとひとくくりにまとめても、サービスによって特徴が異なります。ここでは代表的な3つのSNSの特徴をご紹介します。


1.LINE

2018年3月時点でユーザー数が約7500万人(LINE株式会社発表)と利用者数のもっとも多いSNSです。浸透率はどの年代においても高く、10代から20代では90%以上、40代から50代でも80%台以上という高い数値になっています。
メリットとして無料で通話ができ、さらにトーク機能では文字やスタンプなどをつかいコミュニケーションをより楽しいものにできます。
グループを作ってチャットをすることもできるため、1対1から数百人規模のコミュニティでのコミュニケーションツールとしても向いています。
一方で、情報の共有範囲は登録済みの友人に限定されるため、ほかのSNSに比べると拡散力は弱くなります。


2.Twitter

10代から20代の利用者が特に多いSNSです。
実名で登録をする必要がないため気軽につかうことができ、速報性が高く、情報拡散のスピードが早いことが特徴です。
コメント機能やリツイート機能を使用することにより、有名人や企業が直接個人にメッセージを送付することができます。フォロワーが多いユーザーは情報拡散のスピードと規模を大きくするキーマンとなりやすいこともTwitterの特徴のひとつです。
一方で、匿名性の高さから、本音の意見だけでなく誤った情報まで収集できてしまうため、情報の選別はほかのSNSよりも困難になります。加えて、何気ない発言によっては炎上する可能性があるため、注意する必要もあります。


3.Facebook

実名登録であるため友人、知人を見つけやすく、30代から40代の利用者が多いのが特徴です。
情報源が明らかな情報を得やすく、地域や職業、好みなどの属性によってターゲティングしやすいツールです。個人情報が得やすいものの、企業がマーケティングツールとして使用する場合は、コンプライアンスを重視し、セキュリティ対策をしておく必要があります。

 

情報発信だけでは終わらない!SNSのさらなる魅力にせまる

SNSが幅広い世代へ普及したことにより、ソーシャルメディアとマスメディアの境目がなくなりつつあります。テレビや新聞などのマスメディアで発信された情報を、TwitterFacebookなどのソーシャルメディアでも入手できるようになりました。これにより、SNSを用いて得ることができる情報が急速に増加しました。
また、SNSを用いることで、情報は世界中に向けて発信することができます。国境を越えて、多くの人とコミュニケーションを図れることも、SNSの大きな魅力のひとつです。

SNS上では多種多様な情報が発信されるため、個人対個人で意見を交換するだけでなく、自社企業の製品やサービスに対する意見を知ることもできます。企業の公式アカウントを窓口に、多くの世代に浸透しているSNSを用いることで、自社の認知度を高めると同時にサービス受給者とのコミュニケーションツールを手に入れることができます。

 

SNSはさまざまな種類やサービスが存在し、情報の発信者・受信者双方にとってメリットがあるツールです。
S-Collection株式会社は世の中のトレンドにアンテナを張り、SNSを活用することで、価値のある情報をより多くの方へ発信しています。利用者のみなさまのニーズを掴みとり、今後も有益な情報を提供していきます。