S-Collection株式会社 メディアについて

S-Collection株式会社のWEBメディアを中心としたメディア事業

当たり前の時代になる!?ネットとリアルが融合した世界

時代の変化にあわせた新たな仕組みづくり!各業界の挑戦

ここ数年、小売業界だけみてもその状況は大きく変化しています。消費者の買い物スタイルが「お店に行って買う」から「いつでもどこでもインターネットで買う」に変わってきました。これにともない実店舗も減少傾向にあります。実店舗をもつ企業はネットとリアルを融合させることに注力しています。

簡単に情報を手に入れることができるインターネットと、実際の体験ができるリアルを組みあわせることは、今や小売店業界以外にも多くの分野で取り入れられています。

今回は各業界がネットとリアルをどのように融合させているか、いくつか事例を紹介します。

1.品川駅にある「ネットでエキナカ

東日本旅客鉄道株式会社は期間限定で品川駅に「sakana bacca」という鮮魚の小売店を出店しました。この店舗はこれまでネット販売が困難だった鮮魚をネットとリアルを融合することによって可能にしたリアル店舗なのです。

スーパーには並ばない珍しい魚種や旬の魚をショピングサイト「ネットでエキナカ」で購入ができ、エキナカ商業施設「エキュート品川」で受け取りができます。特にオフィスワーカーが通勤途中や帰宅時に受け取りができて便利と話題になっています。

2.VRショップ!新しい店舗の形にセブン&アイが挑戦

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは2月14日のバレンタインに向け、グループの通販サイト「オムニ7」で仮想現実(VR)の技術を使った特設サイトをオープンしました。ここでは実店舗で商品を眺めながら買い物をしているような体験ができます。

このサイトの特徴は、株式会社エスキュービズムのVR技術を用いることで、ゴーグルや専用機器をつかわずにスマートフォンやパソコンさえあれば利用できることです。

サイトのなかでは、売り場に見立ててさまざまな商品が並び、気になった商品をクリックすると詳細情報が表示されます。欲しいと思った商品はその場で購入でき、商品は全国に約2万店あるセブン-イレブンで受け取ることができます。

今後の展開のひとつとして、オーダーメイドの商品をつくることを考えています。たとえば、缶コーヒーの糖質10%から50%まで選んで購入できるというものです。「オムニ7」でユーザーに人気のものがリサーチできると、そのユーザーに人気の商品をリアル店舗でも販売するという流れです。

3.オーディションイベントにも適応!ネットとリアルをつかったスカウト

2017年9月3日にYouTubeとリアルのコラボレーション企画である「スタースカウト総選挙」が行われました。この企画は一般の人のなかから有望なモデルや芸能人の卵を発掘するのが目的です。この企画の興味深いところは、動画の視聴者に対してもスカウトができるところです。

有名なYouTuberを起用することで、この企画のスタート当初から動画再生回数が数十万回を超えていました。その数十万人がオーディションイベントを知り、興味を持った人が応募できるのです。このようにさまざまな分野でネットとリアルが融合され、当たり前になりつつあります。

S-Collection株式会社でも、早くからネットとリアルの融合をテーマにしたイベントを開催しています。ネットとリアルの双方向で影響力を発揮できるコラボイベントをつくることで、多くの人に新たな価値を提供します。