提携先・協力企業について

S-Collectionの提携先・協力企業について

メディアとは

メディアってそもそもなに??

メディアとは直訳すると「媒体」「手段」のことです。
特に新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどの媒体で、主に「マスメディア」「マルチメディア」というように使われています。

 

歴史と共に変化するメディアの意味

メディアの語源はラテン語の「medium」といわれています。
メディア(media)という言葉の語源は、ラテン語のmedium(メディウム)から派生した言葉で、16世紀から使われはじめ、17世紀頃から「介在」を意味する言葉として用いられるよようになりました。
メディアは最初、シャーマンや霊媒師といった、神や精霊と交信する意味としても用いられましたが、18、19世紀になると、新聞が「中間」「媒介」である「メディア」本来を意味するとしての考え方に定着していきました。
そして20世紀になると、映画やラジオが登場し「情報の媒介物」を意味する言葉として一般化されました。その同時期には新聞やテレビが社会を形成する役割を担うようになっていたので、メディアとはもっぱらそういった情報の「媒介物」を指す言葉であるという考えが広まっていきました。

 

インターネットの出現で変化するメディア

その後インターネットが出現し、携帯、スマートフォンタブレットへの接触率が大幅増加することによって、メディアを巡る状況は大きく変化していきました。
総合メディア事業会社である株式会社博報堂DYメディアパートナーズが2017年1〜2月に東京都中心に行った定点調査によると、雑誌や新聞、テレビといったマスメディアへの接触時間が減少傾向にあることがわかりました。2016年が217.3分、2017年は203.5分と約6.3%減少しており、今後も減少していくことが見込まれています。

この結果は、私たちが情報を得るために利用しているメディアは、マスメディアからインターネットメディアへと大きくシフトしていることを示しています。

また、FacebookTwitterInstagramなどのソーシャルメディアの発展により、会社や団体だけではなく個人が自由に情報を発信できるようになりました。その分ひとりひとりが情報の発信者であることを自覚し、その使い方について考えることが求められています。

S-Collection株式会社においても情報発信に対して責任を持ち、メディアとしての役割を全うしていきます。